banner

レーシックの種類@

一般に「レーシック」と言っても、様々な種類があります。「病院によって違うだけなの?」「自分にあうレーシック方法ってあるの?」など疑問だらけ。「たまたま行った病院がこのレーシック方法だったけど自分には合わなかった」なんて失敗は目に直接用いる手術なだけに許されません。レーシックの種類の特徴をよく知り病院選びをしましょう。
○「レーシック」エキシマレーザーを角膜に照射し、屈折矯正手術を行う方法です。点眼薬で麻酔をした後、マイクロケラトームという器具でフラップを作成し角膜の表面を薄く剥離してエキシマレーザーを照射して屈折矯正を行い、フラップを元の位置に丁寧に戻して点眼して終了です。術前・術後の痛みはほとんどありません。眼鏡やコンタクトの装着が紛らわしいと思っている方や、職業上眼鏡をかけられない方、近視・乱視・遠視でお悩みの方に向いている一般的なレーシックです。
○「イントラレーシック」レーシックとの違いはフラップを作成するときにイントラレースという器具を使っている事です。ステンレス製のブレードを使用せずにフラットの作成を行うので、手術の安全性と制度がより高まり、レーシック手術が角膜の形状でできない人にも行う事ができます
○「フェイキックIOL」角膜内部にレンズを挿入する手術です。レーシックとは違い、強度の近視の方や角膜が薄くてレーシックが困難な人にも使う事が出来て、万が一問題が発生することがあっても、レンズを取り外せば、元の目の状態に戻すことができるというメリットがある方法です。

Copyright(c) もうコンタクトはしたくない!!そんな私の視力回復方法. All Rights Reserved.