banner

レーシックの種類B『アイレーシック』

そしてもう一つ、今注目のレーシックの『アイレーシック』について説明します。
アイレーシックとはイントラレースの技術を加えて、さらに高い技術を使い、一人一人の目の状態に合わせてカスタムメイドした視力回復を行うので、質の高い矯正手術を行うことができる方式です。その高い技術から、アメリカ国防総省のパイロットやNASAの宇宙飛行士にも使用が認められているほど精度の高い治療です。
精度の高い治療という事もあって、日本でアイレーシックを行うには、イントラレース・カスタムビューのライセンス費用として管理しているエイエムオージャパン社に1施術7万4千円ほどの費用を病院が払わなければいけないので、レーシックと比べて費用が高くなってしまいます。けれどもアイレーシックの最大の特徴である「オーダーメイドレーシック」、一人それぞれの目のゆがみを細かく分析し解析するので、夜間の光が通常のレーシックだとまぶしく感じられるのが、よりはっきり見えたり、瞳孔が大きい人にも施行できるのです。
何より、角膜の厚みは「適応検査」を受けてみないとわからないので、一度病院で検査をしてアイレーシックを受けられる目かどうかを知ることが大事です。

Copyright(c) もうコンタクトはしたくない!!そんな私の視力回復方法. All Rights Reserved.